アルソック 高齢者 資料請求

ホームセキュリティ選びのポイント

住まいにまつわる不安を解消し、安全と安心をもたらすために導入するのがホームセキュリティです。具体的には、玄関や窓などの室内にセンサーを設置し、センサーが異常を感知すると異常信号を送信し、緊急対処員が現場に急行する仕組みになっています。

他にも、在宅中でも室内外に設置したセンサーが泥棒の侵入などの異常を感知すれば異常信号がアルソックやセコムなどのホームセキュリティ会社のセンターに送信されます。

ホームセキュリティは、泥棒の侵入など人に対する警戒だけではなくて、火事やガス漏れなどでも異常を感知すればただちに異常信号が送信されます。

また、毎日何度か必ず利用するトイレやキッチンなどに設置されたセンサーで人の動き感知し、一定の時間よりも長く人の動きが感知できなければ異常事態発生とみなして通報する機能がホームセキュリティには備わっています。高齢者のひとり暮らしの世帯にはこの機能を目的にホームセキュリティを導入する方が増えてきています。

このように大変便利なホームセキュリティですが、数社あるホームセキュリティ会社からどの会社を選ぶかは以外に大変。そこで、ホームセキュリティ選びのポイントをまとめました。

まずは資料請求から

まずは気になるホームセキュリティ会社から資料を取り寄せて、導入を検討するに値するホームセキュリティ会社かどうかを判断します。次に、導入を検討するに値すると思ったホームセキュリティ会社の営業員を呼んで詳細を確認します。

営業の対応を確認

営業員が来たら、ホームセキュリティを導入しようと思った動機や不安な点などについて話しをし、セキュリティプランの提示や、家族でも見逃しているようなセキュリティ上の問題点などに対する改善案をもらいます。その際、工事の代金や工事の期間、月々の料金の確認なども忘れずに行います。

営業員と話しをする際に大切なことは、営業員はこちらの話に真摯に向き合っているかどうか、必要以上の過剰な営業トークが無いかどうか、結論を保留した場合にしつこい電話勧誘や訪問勧誘が無いかどうかなどがポイントになります。

そもそもホームセキュリティを導入できる住まいかどうかを確認

個人所有の一戸建て住宅ならホームセキュリティの導入に問題はありません。個人所有のマンションでも基本的にホームセキュリティ導入に問題はありませんが、異常信号送受信のための回線敷設にあたって、マンションの共有部分を扱う必要があれば、管理組合などの承認が必要になる場合があります。

住まいが賃貸の場合は、大家さんの許可が必要です。しかしながら、大家さんの立場から見た場合、他の賃貸物件との差別化を図る意味で、セキュリティに対する意識を高めている大家さんが増えているので、ホームセキュリティの導入を断ってくる大家さんは少なくなる傾向にあるようです。

>>> 大切な両親を守りたい!ALSOKみまもりサポート <<<