アルソック 高齢者 資料請求

アルソック会社概要

綜合警備保障株式会社(ブランド名:ALSOK)は、セコム(SECOM)と並ぶ日本の警備、セキュリティーサービス会社の大手です。特に、金融機関において、主力の機械警備を基とし、ATMコーナー営業管理システム、ATMの障害対応から警備輸送、多機能ATMの運用などにより金融機関のニーズに応えています。その他、情報リスク管理サービスや、防災・ビル運営管理サービス、個人向けホームセキュリティ、各種みまもりサービス、防犯・防災グッズの販売や電報の取扱いまで様々なサービスを提供しています。2002年10月に東証1部上場。


綜合警備保障株式会社


社名 綜合警備保障株式会社
SOHGO SECURITY SERVICES CO.,LTD.
→(公式サイト) 【ALSOK】綜合警備保障
本社 東京都港区元赤坂1-6-6
設立 1965年 7月 16日
資本金 186億7,501万1,600円(2011年3月31日現在)
事業所 本社・9地域本部・60支社・41支店・242営業所(2011年4月1日現在)
社員数 連結 27,790人、単体 12,812人(2011年3月31日現在)

沿革


1965年7月 綜合警備保障株式会社設立。
1968年10月 東京プリンスホテルにおいて巡回実施中の同社警備員が永山則夫により銃撃され殉職。
1970年3月 大阪万国博覧会警備。
1972年2月 札幌五輪警備。
1979年6月 東京サミット警備。
1980年2月 ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世身辺警備。
1982年7月 警備用ロボットの研究開発着手。
1988年4月 ホームセキュリティ「タクルス」発売。
1997年7月 ガードロボC2型がフジテレビ本社屋で試験運用開始。
1998年4月 「SOKホームセキュリティ」発売。
2002年10月 東証1部上場。
2003年7月 ブランド名をSOKからALSOKに変更。
2004年11月 「ホームセキュリティ7」発売。
2005年3月 愛・地球博警備。
2005年4月 「ALSOKあんしん教室」を小学校の防犯授業として全国展開。
2005年11月 「ホームセキュリティX7」発売。
2007年1月 防犯ブザーなどの防犯グッズを販売するオンラインショップ「ガードマンショップ.com」開店。
2007年3月 ホームセキュリティ契約(予定)者向け銀行口座ALSOK CLUBでスルガ銀行と提携。
2007年7月 医療向けセーフティ・トータル・ソリューションサービスを開始。
2008年11月 「ホームセキュリティα」発売。
2010年4月 特定信書便事業に参入、「ALSOK電報」を開始。

↓ アルソック(ALSOK)に関する更に詳しい情報はこちら ↓