アルソック 高齢者 資料請求

泥棒が狙う高齢者の一戸建て住まい


高齢者の住まいだからというだけで泥棒に狙われやすいとは言えないと思いますが、泥棒に狙われやすい高齢者の一戸建て住まいには、ある共通した特徴があります。


外出時に戸締りをしていない

これはもう説明の必要が無いくらいの泥棒に狙われやすい高齢者の一戸建て住まいの特徴です。長時間の外出時に戸締りをするのは当然として、気を付けなければならないのは極短時間の外出時の戸締りでしょう。泥棒は犯行に及ぶ前には必ず狙いやすい家の物色をしているものです。ゴミ出しや隣近所の人たちとの立ち話や回覧板を隣の家に廻す時など、短い時間の外出でも必ず戸締りをするように、隣近所で声掛け合うなど街ぐるみで気を付けましょう。


郵便受けに新聞や郵便物がたくさんたまっている

郵便受けに新聞や郵便物がたまっていると長期間に渡って家を空けていることを泥棒にアピールしているようなものです。長いこと家を空ける時は新聞の配達を止めるとか、隣近所に郵便物を取っておいてもらうなどの対策をしておいた方がいいでしょう。


在宅時に戸締りをしていない

家にいるから戸締まりはしなくても大丈夫だろうという油断も禁物です。忍び込みや居空きなどの在宅中に狙われる件数も意外に多いんです。特に、高齢者世帯だと分かっていれば、泥棒は万が一見つかっても強力に抵抗されることは無いだろうと考えないとも限りません。安全のためにも家にいる時でも鍵をかけるようにした方が無難です。


夜間に家の中が真っ暗

もし夜間に外出する時は家の中のどこか1ヶ所でもいいので電気を点けておきましょう。すべての電気が消えて人の気配が無いと泥棒に狙われやすくなりますので注意が必要です。


家の外周りが片付いていない

時々、高齢者世帯の一戸建て住宅がゴミ屋敷化しているという話も聞きます。家の外周りが散らかっているということは防犯意識が低いことを意味しますから、泥棒に狙われやすくなります。家の外周りを綺麗に片付けておけば、それだけで泥棒に狙われにくくなります。


高い塀や高い生け垣に囲まれている

敷地の広い立派な住宅などにありがちですが、高い塀や高い生け垣に囲まれている住宅は泥棒に狙われやすくなります。それは、高い塀や高い生け垣が侵入に成功した泥棒の隠れ場所になるからです。ある程度敷地内が見える程度の塀や生け垣にした方がいいでしょう。


高齢者の安全を守るアルソック。無料の資料請求はこちら >>>