アルソック 高齢者 資料請求

泥棒が狙う高齢者のマンション住まい


鍵ひとつで戸締まりができる手軽さと、家全体の補修などを全部は自分でやらなくていい手軽さ、住みやすさなどから、歳をとってからマンションに住み始める高齢者も増えてきました。

しかし、マンションにはマンションなりの防犯上の注意点があるので簡単にまとめてみました。


オートロックを過信しない

マンションの鍵を持っている人だけが入ることのできるオートロックは手軽な防犯対策としてとても便利ですが、オートロックも決して万能ではありません。マンションから出てくる人とすれ違う時や、中に入る人と一緒に敷地内に入ることはとても簡単。一旦敷地内に侵入した泥棒は次々に各部屋への犯行に及ぶことがあり、被害が大きく広がることがあります。そんなことにならないように、在宅時も外出時も玄関の施錠をしておくことが大切です。


高層階も要注意

一旦敷地内に入った泥棒はマンションのベランダを伝って高層階へと移動することがあります。玄関だけではなく、窓の施錠も忘れてはなりません。


他の住人との交流が希薄だと要注意

マンションの住人の目がなによりの防犯対策。住人同士の交流が密だと外部から泥棒が敷地内に入った時でも早い段階で気が付くことができて泥棒に犯行を思いとどまらせることができます。また、泥棒は顔を見られることを何よりも嫌うので、マンションの敷地内で人に会った時は声掛けすることも防犯上とても大切です。


見通しの悪い玄関は要注意

玄関が見通しの悪い位置にあると、それだけで敷地内に侵入した泥棒が外部から見えにくくなり、泥棒に狙われやすくなります。これからマンションを購入したり借りたりする場合は、見通しの良い玄関の部屋を選んだ方がいいでしょう。


住人が変わる時は鍵の交換を!

賃貸マンションを借りる時は、前の住人が退去した後に鍵の交換をしているのか確認することが重要です。特に、その部屋が一度でも泥棒の被害に会っているなら尚更でしょう。もし、その部屋が鍵の交換がされていないと再び泥棒の被害に会う危険性が高くなるからです。防犯上の問題はとても大切なことなので、しっかりと鍵の交換をしたかどうかを確認することが重要です。


高齢者の安全を守るアルソック。無料の資料請求はこちら >>>